焦っている状態で三十代半ばに。。。

私自身、二十代後半まで長く付き合っていた彼女もいて、結婚する事も意識していました。

ですがそんな彼女と終わりを迎えてから、なかなか出会いにも恵まれませんでした。

その結果、結婚したい気持ちはあるものの、結婚を意識する相手に出会えず、焦っている状態で三十代半ばを迎えてしまったのです。
その頃には、周りの友達の多くが結婚しており、僕自身もこのままでは結婚出来ないのでは、という不安が生まれていました。

なのでいい加減、積極的に結婚相手を探さなければ、と考えて、結婚相談所に登録してみる事にしたのです。
もっとも結婚相談所に対し、私はあんまり良い印象は持っていませんでした。

というのも、結婚相手がなかなか見付からない様な、四十代以降の男女が登録しているんじゃないかというイメージを持っていたためです。

なので最初に結婚相談所が主催するお見合いパーティーな参加した時は、四十代以降だけでなく、若い二十代の男女も参加しているのを知り、逆に驚きました。

かといって若い世代ばかりではなく、私と同年代や年上の世代もいる等、実に幅広い世代の人達が参加していたのです。
しかも交わす会話も如何にもお見合いといった、堅苦しいものでなく、大抵の人は気さくな感じで会話を楽しんでおり、異性間だけでなく同性同士でも会話が生まれるといった感じの自然な流れでした。

この様にして結婚相談所のイベントに参加した事で、私の結婚相談所に対する印象は一気に変化したのです。
私はその後も焦る事なく、結婚相談所が主催するパーティーやイベントに参加し続け、女性だけでなく、様々な男性とも知り合いになる等、交友関係を広げる事が出来ました。

そしてそんな風に結婚相談所を利用し始めて半年程で、結婚を意識する女性と出会う事が出来たのです。