最初はどうしても抵抗がありました

結婚相談所は結婚できない人の最後の砦で、相手を選ぶようなところではないと思っていました。

自分自身が結婚できなくて利用をすることになったわけですが、最初はどうしても抵抗がありました。

実際に利用をしてみるとそのようなことはなくて、婚活をする機会があまり取れないという人も数多く登録していて、このレベルの人でも結婚ができないのかと驚くような人もいました。

しかし、そのようなレベルの人は当然自分のようなレベルの相手にまで回ってくることはなく、同レベルの人同士ですぐにくっついてしまうので、よくも悪くも結婚相談所というのは自分と同レベルの人と出会うことができる場でした。

それまで結婚できなかった大きな原因のひとつとして、自己評価が高すぎたというものがあり結婚相談所を利用してからはまずそこを考えなおすことをアドバイスされました。

今から振り返ってみれば確かにその通りだったのですが、実際にそれをスタッフの人から言われた時にはあまり良い気分ではありませんでした。

それでも高望みをしていては相手を見つけることは難しいと、しぶしぶ下方修正したわけですが、これで納得できる相手が見つかるかなと思ってしまいました。

ところが下方修正した途端に選択肢が増えたことで、紹介してもらうことができる相手が増えたので色々あってみると意外と悪くないのではと感じたのです。

そう考えると自分が今までどれだけ高望みをしていたのかというのがわかったような気がして、結婚ができないのも無理がないかなと思いました。

それからようやく結婚相談所のスタッフの言うことを参考にして婚活を進めていったところ、ようやく自分にあった人を見つけることができ結婚をすることができたのです。

最初は理想的な結婚ができるものとは思っていませんでしたが、蓋を開けてみれば結婚相談所を利用するのが自分にとって一番良い相手を見つけるのに適した方法だったということで思い切って利用して良かったです。